3Dスキャナ

レーザースキャナ

FARO Laser Scanner Focus3D X 130

FARO Laser Scanner Focus3D X Seriesは
中距離から長距離スキャンに最適

非常にコンパクトなFocus3D X Seriesは、測定が迅速で、使いやすいだけでなく、建築物の立面図、複雑な構造物、生産施設、事故現場や大型部品など、正確に記録や測定が可能です。非常に高精度なスキャン技術、携帯性と使いやすさを兼ね備えたこのスキャナーは、信頼性と柔軟性が高く、記録したデータを速やかに表示確認できます。また3Dスキャンデータは、事故現場の再現、建築、土木、犯罪捜査や工業生産において一般的に使用されているソフトウェアに簡単にインポートできます。
バッテリー動作時間は4.5時間あるため、長時間の測定にも柔軟に対応できます。Focus3Dは軽量・小型で、SDカードにデータを保存できるため、スキャナーをどこにでも携帯できます。

特徴

位置決め簡単
特徴1 : 位置決め簡単 – GPS受信機を搭載

GPS受信機の搭載により、屋外でスキャンしたデータの相互位置関係が容易に把握可能。

屋外でスキャン
特徴2 : 屋外でスキャン – 直射日光下

直射日光下でも迅速かつ高精度なスキャンが可能。

低ノイズ
特徴3 : 低ノイズ

非常に高精度かつ低ノイズで広範囲にスキャンを実現。

無線LAN
特徴4 : 無線LAN (Wi-Fi)

開始、停止、表示、ダウンロードが、離れたところから操作可能。

高い携帯性
特徴5 : 高い携帯性

240 x 200 x 100(mm)というコンパクトなサイズで、重量もわずか5.2kg。

スペック

測定ユニット 測定範囲 0.6 – 130m
測定速度
(点/秒)
122,000 / 244,000 / 488,000 / 976,000
範囲誤差2 ±2mm
カラーユニット 解像度 最大70メガピクセルカラー
ダイナミック・
カラー特性
自動明度補正
視差 同軸設計
偏向ユニット 垂直視 300°
水平視野 360°
垂直解像度 0.009°(360°あたり40,960個の3Dピクセル)
水平解像度 0.009°(360°あたり40,960個の3Dピクセル)
最大垂直
スキャン速度
5,820rpmもしくは97ヘルツ
レーザー
(レーザークラス1)
波長 1550nm
ビーム広がり 標準 0.19mrad(0.011°)(1/e, half angle)
ビーム径(出口) 標準 2.25mm (1/e)
データ処理 データ蓄積 SD, SDHC™, SDXC™; 32GB のSDカードが含まれます
スキャナー
コントロール
タッチスクリーン・ディスプレイ、Wi-Fi
Wi-Fiアクセス Flash®搭載のモバイル機器での遠隔操作、スキャンの視覚化、ダウンロードが可能
マルチセンサ 2軸補正センサ 精度0.015°;測定範囲±5
高度センサ 固定点に対する高度を検出しスキャンに追加
コンパス 方位情報を保持、キャリブレーション機能を搭載
GPS GPS受信機